MOSの試験会場について

学習スタイルで選ぶipadの講座

subpage1

ipadはパソコンなどと違って、指先で画面を触れることで操作します。

ファイル管理なども独特で、ITの世界にパソコンから入った人には戸惑う点も多いかもしれません。

ipadの講座情報探しのサポートをいたします。

製品を買ったはいいものの、使い方がわからなくて放置しているのであれば、ipadの講座を利用して使い方を学んでみましょう。ipadの講座は大きく分けると、教室に通って講師の方から直接指導を受けるタイプと、自宅に送られてくる教材を自分で学習するタイプがあります。どちらにも一長一短があるので、よく比較して自分に合った学習法を選んでください。

まず、教室に通って受講するタイプの長所は、操作でわからない点があっても理解できるようになるまで確認できる点です。目の前に教えてくれる講師の方がいますから、操作で迷ったらすぐに手を上げて指導を受けることができます。

特にIT機器の操作は、マニュアルなどを読んだだけでは理解できないことがよくあります。実機を目の前にしながら操作手順を覚えられるのは、この学習法の大きなメリットです。



デメリットとしては、教室まで出向かないといけない点や、住んでいる地域によっては利用できない点などがあげられます。



もう一方の自宅で学習できるipad講座には、独学なので自分の学習スタイルで学べるという長所があります。
時間が限られていることもありませんから、普段は仕事などで忙しいので休みの日に集中的に学習したいという方に向いています。


教材は自宅に届けられるので、日本全国どの地域に住んでいても受講できるというのもメリットです。

Excel講座の重要知識

subpage2

MOSとは、マイクロソフトオフィススペシャリストの略です。以前はMOUSという名前で、マイクロソフトオフィスユーザースペシャリスト、という名前でした。...

next

Excel講座コラム

subpage3

MOSとは、マイクロソフトオフィスの製品を使えることを証明する資格です。メリットは、五つあります。...

next

Excel講座の予備知識

subpage4

エクセルやワードなどの、マイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明する資格にMOSがあります。MOSは、マイクロソフトオフィススペシャリストの頭文字と取って命名されており、パソコンスキルの証明の他にも就業における業務や作業効率の向上、また転職や就職時にアピールできるなどのメリットがあり、世界でも通じる国際資格の1つとして認知されています。...

next

Excel講座の注目情報

subpage5

MOSは、マイクロソフト オフィス スペシャリストです。ハンバーガーではありませんし、掛け声や合図でもありません。...

next